MENU

伝統はアートだ。工芸はクールだ

伝統的であり革新的。実用的かつ美しい。

そんなイノベーションあふれる伝統工芸の
“匠”を讃えたい。

第2回三井ゴールデン匠賞

scroll

第2回三井ゴールデン匠賞

日本の伝統文化を継承しつつも、未来につながる「革新的な」アイデアを取り入れ、さらに発展させている伝統工芸の担い手に、注目と賞賛が集まる機会を創りたいという思いから、「三井ゴールデン匠賞」を創設しました。

2017 9/7(木) 募集開始!

新ビジュアル

三井ゴールデン匠賞とは

三井広報委員会は、「人の三井」という三井グループらしさをベースに「人を大切にし、多様な個性と価値を尊重することで社会を豊かにする」という理念のもと、さまざまな活動を行っています。例えば「三井ゴールデン・グラブ賞」は攻めだけでなく守りの大切さも知って欲しいという想いから、プロ野球の「守備のベストナイン」を毎年表彰しています。
日本の伝統工芸においても、昨今、後継者不足など課題があるなか、古来の技法や様式を継承しながら、革新的なアイデアを取り入れ、さらなる発展に貢献されている方々がいらっしゃいます。「伝統×イノベーション」の担い手に注目と称賛が集まる機会を創りたい―そんな想いから、「三井ゴールデン匠賞」を創設しました。

三井広報委員会とは